2010年07月14日

アクセラ20S試乗してみました

日曜にロードスターを定期点検に出したついで?に、アクセラ20Sを試乗してみました。

アクセラと直接比較出来るFF車って、あまり乗ったことないのでロードスター(NCEC)やインプレッサ(GF8)が比較対象です。
(意味のある比較対象とは思えないが・・・)

まず、アクセラは悪い車じゃないんだけど、私的にはバランスの良い20Sにオートマしかない時点でNGだなーと、いきなりマイナスイメージからスタートです(^^;

まずはぐるっと周囲を回ってボディサイズのチェックから。
思ったよりは大きくない感じ。
そりゃーそうでしょう。4.5mだし。と、言いたいところだけど、ボディの厚みがあるね。
とても塊感がある。
大きく見える車が好きな人にはいいかも。

さっそく乗り込んで試乗開始です。

渋滞の50号を東へ向かいます。
ただ転がしてるだけなので、なんの感動もなく・・・

左折して裏道へ。
でも前方に車がいるのでノロノロ。。。
その間、パドルシフトで遊んでみました。

・・・ダメ(爆)

なんというか、シフトダウンで盛大にシフトショックがあっちゃダメでしょう。
コーナーに入る前に減速する時にぎこちない動きになるのが見え見えです。

前走車がやっといなくなったので、ちょっと勢い良くコーナリングしてみましょう!

!!!

なぜか、交差点の真ん中にリードを引きずったイヌがいるし(-_-;)
おかげでブレーキのフィーリングが良いことが判明。
そして、横置きエンジンのFFでありながら素直に回避行動が取れるところが○。

この車が4WDで6MTだったら良かったんだけどなー
ちなみに、20Sの上にマツダスピードがあるんだけど、2.3リッターなので、維持費を考えたらNGでしょう。

あれ?そういえばアイドリングストップ機構付きだったのに、停車しても1度もストップしなかった。
スイッチか何かでOFFに出来るんだっけ???

そうこうしてるうちにディーラーへ帰着。
やっぱりハンドリングや運転する楽しさを考えるとロードスターに敵うはずもなく、パワーと安定感、ハンドリングのバランスはインプレッサの方が上。
とはいえ、ちょっとだけアクティブに走りたい人で、少しだけエコを考えてみたい人にはベストチョイスになりそうな車です。
(なかなか止まらないアイドリングストップだし)
というか、今、5ドアハッチで選ぶと、(私の中では)アクセラ、インプレッサ、VW Golfくらいしかしっかりした車はないんだけどね。

そうそう。
今はATも進化してCVTや多段ATを搭載した車が数多く出ています。
でも、実燃費が一番いいのはMTですよ。
カタログ値ではCVTが一番良く書いてある場合がほとんどですが、それにはヒミツがあって、MTの場合、毎回シフトアップは2500rpm以上回して繋いで計測しなきゃいけないからです。
一般的に通常運転じゃ、そんなに回さずに繋ぐもんですよね・・・
posted by tszk at 00:24| Comment(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

生キャラメルアイス

100712_1611~01.jpgメマイがして気持ち悪く、昼に何も食べられなかったので、嫁さんがアイスを買って来てくれた。
花畑牧場の生キャラメルアイスである。

私の記憶では、けっこう高かったはず…

こんなグロッキー状態で生産性ゼロの時は安物のカップアイスでも構わなかったんだけど…とかなんとか言いながら美味しく戴いちゃったんだけどね(^_^)v

posted by tszk at 16:20| Comment(5) | 携帯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

我が家に庭は・・・

ブログの更新もずいぶんと久しぶりです。
サボってたわけじゃないけど、いつの間にか季節は梅雨終盤。
そろそろ、梅雨明け宣言がいつになるのか気になって来ますね。

さて、こういう暑い日が続くと、我家の庭もいろいろと実ってきます。

まず変わったところからいくと・・・

この写真はイチジクです。
けっこうたくさん実が付いているので豊作の予感・・・だけど、間引かなくていいのか?

次はブルーベリー。
かなり実が大きくなってきました。
しかし、いつも人が食べる前にヒヨドリにみんな食べられてしまうので、今年はネットでぐるぐる巻きにしてあります(^^;
収穫しづらくてダメにしなきゃいいけど。

そしてシシトウ。
あまりにたくさん実ってるので、毎日食べ放題!(汗)

それからインゲンマメ。
これもいくらでも採れます。
食べ放題ですねー

カボチャもあります。
これは食用じゃないらしい。かなり残念(-_-;)

タカノツメもありました。
まだ青いので、もう少しかかるかなぁ。
(当然、食べ放題レベルに実ってます)

あ、そうそう。
トマトもありました。
私は食べないけど・・・

今のうちの親の楽しみは家庭菜園らしいので、今年の夏はあまり野菜を買わなくても済みそうかなぁ。
(シシトウとインゲンばかりじゃ飽きちゃうけどね)
posted by tszk at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

レブスペックRS02に交換しました

2年弱履いたヨコハマDNA SドライブからGoodYear レブスペックRS02に履き替えました。
Sドライブはスリックタイヤに近い状態まで使い込んだので、一気にウェット性能アップです(^^;

しかし、よーく考えてみるとどうだったろう?

新品だった頃のSドライブのイメージと今回履き替えて2000kmほど走ったレブスペックの比較をしてみようと思います。
過去の記憶なので美化されている部分があるかも!?なので、少し割り引いて考えて下さいね(汗)

まずは気になるドライグリップから。
レブスペックは正直、ハンドル操作へのレスポンスが悪くなった感じがします。
今まで通りのハンドリングだとカーブが曲がり切れないのでは!?という感覚が付きまといます。
これはきっとサイドウォールの剛性やブロック剛性が足りないためではないかと思います。
旋回が始まってしまえば、切り増しにも反応してくれるのでコンパウンド性能はそこそこ高いんでしょうね。
まぁレブスペックは価格も安いので、こんなもんかもしれませんね。

次にウェット性能ですが、全く問題無し。
Sドライブとほぼ同等だと感じます。
あとは冬場に冷たい雨が降るとどうなるかですね。


そうそう。私の選択基準はアクティブセイフティなので、グリップ力が全て。
ロードノイズや省燃費性能なんかどうだっていいんですが、気になる人がいるかもしれないので追記しておきます。

ロードノイズはSドライブと同等かちょっとうるさい位ですが、それほど気にならないと思います。
タイヤが減ってきたらきっと盛大なノイズになりそうな気配はありますが・・・

省燃費性はSドライブの方が上です。
1割までは変わらないと思いますが、少し落ちます。
Sドライブでは普通に14km/l近くまで伸びていたのに、今は13.5km/l前後です。
まぁ、誤差の範囲といえばそれまでですが(^^;


ちなみに、ロードスター(NCEC)のタイヤサイズは205/45R17という中途半端なサイズなので、選択肢が少なくてタイヤも高め。
だからといってスポーツタイヤ以外だとイザという時に避けきれないだろうことは目に見えているのである程度の性能は欲しいですよね。

次もこのタイヤを買うか?と聞かれれば微妙です。
たぶんこのクラスはもう買わないでしょう。
ロードスターのような軽量な車なら最低でもSドライブでしょうかねぇ。
(当然、もっと重量のある車だとさらに高性能なタイヤが必要です)
posted by tszk at 22:53| Comment(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

携帯入院しました。

東芝のT003を使っているんですが、ここのところ次のような症状が頻発してました。

充電しようと卓上ホルダにセットして数時間しても充電ランプが点きっぱなしで充電できていない。
卓上ホルダにセットした状態で充電ランプが点滅していて、携帯を開くと電源が切れている。
電源が切れてる時は電源ボタンを何回か押さないと電源が入らない。

以前使っていたW31Tでも同じ症状が現れていたので、同様に怪しいと思われるバッテリーとその接点、充電器を掃除をしてみたんですが全く症状変わらず(>_<)

充電できないのも1日2日なら別に構わないんですが、日を重ねるにつれバッテリー残量が減ってしまうので、いつ役に立たないプラスチックの塊に成り下がるかわかりません(-_-;)

しょうがないので帰りがけにAUショップに行って来ました。

メーカーへ送られてチェックしてもらうことになったのは当然として、意表を突いたのが代替機。
なんとうちの引き出しの中で眠っていたP001(機種変前まで使っていた機種)
よく考えればSIM交換で使えるのは分かるんだけど、私にはその発想が無かったね。。。

T003が帰ってくるまで1週間くらいの間、また古い機種に戻ったのでした。

教訓。
SIM対応の機種なら機種変してもの1台だけは手元に残しておきましょう。
誰が使ったのか分からない代替機を使わなくて済みますよ(-_-)
posted by tszk at 23:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

キットカット アロエヨーグルト味

いやー、久々に思わず買い物かごに放り込んじゃいました(笑)
見てくださいよコレ。

いつもの変り種キットカットですが、なんとエステティックTBCとのコラボ商品「アロエヨーグルト味」ですよ!

ヨーグルト風味のチョコで大外しはほとんど無いと思っているので、今回もあまり警戒せずに買ってきちゃいました。
はたしてその読みは当たるんでしょうか?!

さっそく食べてみましょう!

パッケージをおもむろに開くと、ホワイトチョコが目に入ります。
そしてその匂いは、(ちょっと弱いけど)たしかにヨーグルト風。
もっとアロエの青臭さが強調されてるとばかり思ってたんだけど大丈夫だったのでひと安心(笑)

サクっと食べてみると・・・

口に入れた瞬間はヨーグルトっぽい風味で、ほのかにアロエを感じます。

よくあるカップデザートのアロエヨーグルトに似てるんだけど、やっぱりそこはキットカットです。
アロエ・・・と、感じた直後からホワイトチョコの風味が広がり、完全にアロエヨーグルトを覆い隠してしまいます。

そしてちょっと時間が経った時の後味は、なんとなくアロエっぽい(笑)
決して嫌な後味ではないです。

ということで、まとめると・・・
ベースはホワイトチョコのキットカットでありながら、アロエヨーグルトを上手く表現してると思います。
そういう意味では成功してる感じです。

が、ポイントは「似てるかどうか」ではありませんよね(^^;

アリかナシか?では、微妙にアリです。
1袋は食べきれます。
でも「次、また買う?」と聞かれたら、たぶんOKはしないでしょう。
そんな感じです。

点数にすると55点。
まぁ、予想通りという感じですかねー(笑)
posted by tszk at 00:03| Comment(0) | 美味い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

フォレスター2.0XSにも試乗してきました。

前回の興奮?も冷めやらぬうちに2.0XSも試乗してきました。
と、言いたいところですが、たまたま営業所になかったので代車として利用してた先代XSです。

装備が多少異なるくらいでベースは一緒らしいので、比較にはなるかな。

さて、さらっと試乗です!

乗ってまず感じた違いがアイドリング時のエンジンの振動です。
明らかにXTより滑らか。いい感じです。
これが回すとどう変わっていくのか気になるところです。

早速スタート!

初期のアクセルレスポンスはXTより良いです。
NAだからターボラグも無いので当然。
車重も足回りもほとんど変わらないので、乗り心地というか快適性はXTとあまり変わりません。
エンジンを回した時にNAだとノイズが多くなるだろう予想していたものの、それも(音質は違うけど)大差ないのでちょっと拍子抜けです。

平地のみを2〜3名乗車で乗るには、NAモデルはとても良い選択だなという印象です。

ただ、やはりブレーキ性能(というかタイヤ)に不安を感じたことも事実。
普段がロードスターなので余計にそう感じるだけかもしれないけど、ブレーキングから停止までの距離が長過ぎる気がします。
まともなタイヤに換えたらブレーキ容量が足りなくなるんだろうなぁ・・・15インチ2ポッドって私が昔乗ってたインプレッサ(GF8)よりも車重が200kg重いにも関わらず弱いわけだし。(結局ブレーキか)

車重が同等なので、せめて2.0XTと同等の16インチ2ポッドにして欲しいもんです。
(欲をいえば、ほぼ車重が同等のインプレッサSTIに合わせて17インチ2ポッドがいいのですが(^^;)


さて、ここまで3回試乗記事が続きました。
その理由は・・・

我が家では、昨今の趣味の多様性に伴ない、ロードスターの積載能力では物足りなくなって来たことと、来年の1月に車検を迎えることから乗り換えの可能性を模索し始めたためです。

今のところ候補に上がっているのが次です。
・フォレスター 2.0XS
・VW Golf Variant 1.4ConfortLine
・インプレッサ STI A-Line
・シビック Type R

これらは車の性格、排気量ともにバラバラですが・・・
嫁さんの希望は積載性の高さと車体のリーズナブルさ、私の基準は安全性です。
(もちろん、ぶつかった時の安全性じゃなく、回避能力ね)

さらに嫁さんも安心して運転出来る車となると・・・あるのか?そんな車!?
安めの5ドアハッチで足回りフルチューン?!(笑)

ところで。
面白半分にネットで無料買い取り査定を依頼してみました。
私の希望はメールで「この車種なら○○万円〜○○万円が一般的な査定額です」が返ってきて欲しかったんですが、連日の電話攻撃にゲンナリです(-_-;)
特に大手の○○○は、たまたま私が在宅中に電話を受けることが出来たので、査定範囲を聞いて、丁寧に出張査定とさらなる電話はお断りしたのにも関わらず、また別な担当から電話が・・・
絶対そこには依頼しないことが決定した瞬間でした(^^;
posted by tszk at 18:39| Comment(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォレスター 2.0XT試乗してきました

今さらですがスバルのSUV、フォレスターを試乗してきました。
グレードは2.0XT(ターボ搭載車)です。

図体の大きな車だし、オールシーズンタイヤ履いているし、4速ATだし・・・と、全く良いイメージゼロからのスタートです(^^;
このイメージがどこまで覆されるかがポイントでしょう。

さっそく乗り込んでエンジンスタート!の前にシート調整してポジションを・・・?
なんと、電動シートでした。
こういう重くなる無駄な装備嫌いなんだよねー(-_-;)

気を取り直してエンジンスタート!
アイドリング中、車内ではほとんど嫌な振動もなく静粛性が高く、また車外ではそこそこの騒音がある点が高ポイントです。
やっぱり安全を考えると爆音が基本でしょう(違っ)

次にDレンジに入れて発進〜(オートマなんで)

アクセルレスポンスはそんなに鋭くなく、誰にでも乗り易そうだけどちょっと物足りない。
まぁ、こんなもんかなー。
と思ったんだけど、ふとSIドライブを思い出した。(初期設定はSモードになってる)

さっそく(なぜか)ポンと押してIモードへ。
低速巡航や渋滞、ボケーッと運転するにはちょうどいいユルさ。
適当なアクセルワークでも許容してくれるところが運転があまり得意ではない人にも良いんじゃないかな。
エコというより、文字通りにIntelligent(気の利いた、知的)な感じがしていいかもしれない。
(Iモードをデフォルトにしても良いんじゃないかな?)

次にダイヤルをクルッと回してS#へ。
高レスポンスになっているはずだけど、バリバリに期待しちゃうといけないレベル。
もともと1.5t弱の車重とトルコン付きのATですから・・・そんなに挙動は変わりません(^^;
エンジン特性とともにサス設定が変わるといいんだけどなー

さて左折してみます。
まずは普通に回って立ち上がり性能の確認。
さすがに230馬力あるので、加速が遅いってことはありません。
下手するとロードスターと大差無いかも!?ってレベルです(汗)

ブレーキの効きは普通・・・かな。
初期でガツンと効くわけじゃないのでコントロールし易い反面、踏み力の弱い女性が緊急時に最後まで踏み切れない場面もあるかもしれないですね。
それにはもう少し径の大きなローターが必要かもしれません。
(私的にはコントロール性が高い方が好き)

次の交差点ではしっかりフロントに荷重を移動しつつ積極的にサスを使ってみました。
軽くスキール音を立てつつ減速し、コーナリング。(スキール音がしててもかなりの低速)
うーむ。このクラスのSUVにしてはしっかりとしたハンドルへの手応え。
そのままアクセルオン!
あれ?・・・そっかATのターボ車だった!(忘れてた)
パワーバンドを大外しでNGのコーナリングでした。ここは私の責任だな(笑)

こんな感じでスバルへ戻ったんですが、試乗した感じでは、このサイズにしては分り易くていい動きをしてくれる車だということと、4速ATはウィークポイントどころか、上手くコントロールされていて変速ショックも少なく下手な多段ATより高評価でした。
(ATなので段数が増えてもダイレクト感が無いの当たり前。この点はCVTも一緒)

ただ、フォレスターに限ったことではなく、オールシーズンタイヤの制動力、そのタイヤに合わせたサスセッティングにはちょっと納得いきませんね。
イザという時に止まり切れる自信や危険を回避しきれる安心感に乏し過ぎる。
どうにかならないもんだろうか?
(これはエコタイヤについてもそう)

ここまで大半がネガティブっぽいので補足すると、ロールは大きいけどリアサスがよく粘るから安定感が高いし、左右前方以外(ドアミラーが大きいので)の視界はいい(後方もけっこういい)。
価格もお手頃だし、積載性も高い。
ターボならパワーもあり、4名乗車で登坂も楽々でしょう。
トータルで見ると、アメリカでもよく売れているだけに、けっこうよく出来た車じゃないかな。

posted by tszk at 17:49| Comment(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

VW Golf 試乗してみた

先週の土曜日です。
友人たちとのバーベキューが終わってから、1件、お客さんと打ち合わせが入っていたので、それが終わってから隣町にあるフォルクスワーゲンへ行って来ました。

目的はGolfでしたが、奇しくもPoloの1.2リッターエンジン搭載車発表の日でした。
そちらもついでに見てきました(後述)

まずはGolfです。
1.2リッターと1.4リッターの2車種を乗り比べてみましたので、そちらの紹介からいきましょう。

とりあえず見た目は1.4のアルミホイールに対して、1.2は鉄にホイールキャップという点が外観上の違いでした。
内装は革巻きハンドルかウレタンか、運転席、助手席別々に温度調整出来るエアコンが搭載されているかどうかなど、けっこう違いがあるようですね。

ま、それはさておき早速試乗です!
最初に乗ったのは1.2(正式名称はTSI Trendline)
車重に対して排気量が小さいのでパワーが無いだろうと予想してたんですが、意外や意外。
街乗りでは十分なトルク感があります。
高速道路の合流でも不便は感じないでしょうね。
しかし、ハイプレッシャーターボによくあるターボラグが少し気になります。
走り初めの1秒くらいが弱く、その後、一気にトルクが出てくるのでアクセルコントロールに慣れが必要です。
走り出してしまえばとてもスムーズで何の不満もありません。
これならハイブリッドは要らないかもって感じがします。

次に1.4(こちらはTSI Comfortline)
排気量が上がったので、先程の走り初めが改善されるだろうと想像してたんですが、パワーが増えたおかげで余計にターボラグが気になります。
2000rpmちょっとからいきなりトルクが立ち上がるドッカンターボの小排気量版という感じです。
パワーはあるんだけど、コントロールがし辛い感じがして、せっかくのパワーを楽しめません。

慣れればどうってことはないんでしょうけど、カタログ値通りの燃費性能を出すには最初の数秒はアクセル開度を低めにしないと過給が始まった段階でオーバーシュートするので、そこを上手くコントロール出来るようにならないとダメですね。

ハンドリングは車重が軽い1.2の方が良好でした。
1.4よりフロントが軽いのでバランスがよく、スッと動いてくれます。

ブレーキは踏み込み初期で効くタイプ。
私が嫌いなタイプですが、交換するにしてもVW用の好みのパッドって手に入れやすいものなんだろうか?

排気音は1.4が好印象。というか、ちょっと太くて低い音でけっこう好きです。


2台乗り比べてみると、私の印象では1.2の勝ち。
僅差ではなく、普通に勝ちです。
乗り味が自然で静粛性も高いところが良いですね。
(不覚にもちょっと欲しくなってしまいました)

で、営業の方と話したんですが、今なら金利0.1%キャンペーンだそう。(なんと間の悪い)
これで1.2でハンドルが革巻き、アルミホイールだったらベストなんですけどオプションでも設定がないそうで・・・うーん残念! 今回は泣く泣く見送りですね(爆)


次にPolo。
こっちは見ただけです。
Golfと比べるとリアシートの作りがいまひとつ。
座面の角度と背もたれの角度が悪いんだよね。
長時間乗ると間違いなく腰痛になります。
これから後部座席に人を乗せる機会が増えるという方、Golfの方がいいと思います。
1人か2人しか乗らないのならコンパクトで取回しがいいPoloはオススメでしょう。
燃費も軽自動車並みにいいですからね。

ただ、話によるとPolo GTIが秋に出るらしい。
本命はコレか!?(爆)
posted by tszk at 01:44| Comment(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

疲れた時は小難しい本。

ここ最近、けっこう忙しくて帰宅が深夜になることもしばしば。
昨夜も午前3時過ぎました。
いやー、この忙しさ久々かも(-_-)

ま、それはともかく。
忙しくて疲れてる時に限って、なぜか小難しい本が読みたくなります。
疲れて思考力が落ちてるのにも関わらず。
不思議なもんです。

で、今、ふいに読み始めたのがゼノンのパラドックスについての本。
簡単にいうと、アキレスと亀など運動と時間、空間に関するパラドックス(一見、正しそうなことを言ってるんだけど、何か違う)の解説で、高校数学では無限大や極限(lim)を使うことで証明していた類の話題ですね。

ちなみに前回忙しかった時は「量子の宇宙のアリス」でした。
不思議の国のアリスをモチーフに量子力学を解説した本で、波動方程式のような複雑な式は出てこないんだけど、理論を分かりやすく解説してます。

そういえば最近、量子もつれに関するニュースが多かったので、そっち関係の本でも読んでみたいかな。

とはいっても、忙しい時は読める時間がとても限られてしまう。
しょうがないので図書館で延長延長するんだけど、こういう本は不人気なのか借り放題(^^;
じゃ、余裕が出ても読むのか?と言われると微妙なんだよね。

どうしてだろう???
posted by tszk at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

「もとこ」のわらび餅

「もとこ」のわらび餅です。
これは黒糖味。

半分はそのままで。

残り半分は黒蜜をかけて頂きました。
黒糖好きにはたまりません!
posted by tszk at 14:05| Comment(2) | 美味い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難台山 その5 怪しい人影

難台山 スズラン紀行もこれで最終回です。
最後はちょっと怖い(?)お話です。

スズランの自生地を抜け、登山道からアスファルトで舗装された小径に下りてきました。
周囲を見回すと、自分たちが立っている小径意外には人工物が目に入らないくらいに、本当に人里離れた山奥だという感じがします。
(時々、飛行機が飛んでますが・・・)

きっと、夕方以降になると誰もここに来ることは無いんでしょう。
そんなことを考えながら小径を歩いていると、右前方に人影が見えます。
が、強烈な違和感を全身から発散させています。

もちろん山の中ですから、こんなところで人に会うこと自体考えられません。
さらに、その服装が何かの警備員のようなヘルメットに防水機能のありそうなジャンパーというもの。

しかし、違和感の原因はそこではありません。
どことなく無機質的な空気を感じます。
ずばり言ってしまうと全く生気を感じません。

生きているのか、それとも・・・

さらに数m進むとその異様な姿が藪の向こうに見え始めました。
なんということでしょう。
どす黒く顔色が変色した男が背の低い金属柱に吊り下げられてます!!!
(写真クリックで関連記事)

もちろん接近しましたとも!

近付いてよく見ると、この人はマネキンでした(^^;
ずっとここに立っているので顔が汚れてしまったんでしょう。

で、何を守っているのかというと、このマネキンの後ろが池になっているから、子供などが落ちないように見張っているようでした。

一瞬ドキッとしましたが、"ホンモノ"じゃなくて本当に良かったと胸を撫で下ろしつつ、先を急ぐのでした(-_-;)

ここからスカイロッジまではかなりの距離があります。
もちろん、他にもいろいろドラマはあったんですが割愛します。
他のネタでは、このマネキン事件を超えられそうも無いしね(^^;

終わり。
posted by tszk at 01:44| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

難台山 その4 スズラン自生地

難台山の頂上からスズラン自生地方面へ降りていきます。
けっこうな急坂です。
しかもずーっと、いつまでもいつまでも下り続けます。
距離にして約1km、時間にして15分弱ですが、下り続けるのはけっこう集中力が必要なので疲れますね(^^;
しかも、後ろから来る人もいなければ、前を歩いてる人もいません。

山の中で完全に私たちのみ。
鳥の鳴き声と風に揺れる木の葉のさざめく音が静けさを際立たせます。

そこで、はたとマムシにでも噛まれたり、イノシシに襲われたり、スズメバチに刺されたりしたら一巻の終わりだなーと実感(-_-;)
救急セットはしっかりしたものを持つべきですね。

途中に立て看板があり、さらに15分ほど難台山の下りよりキツい坂を下り続けるとようやく自生地に到着します(画像をクリック)

やっと着いたーっ!と、周囲を見回すと立て看板がいくつか目に付きます。
張り巡らせたフェンスはイノシシ除けだそうで、内側にスズランが咲いて・・・いない。

なぜ?

そっか、イノシシの食害がかなり進んでしまったんだろうなと納得して?フェンスの内側を覗き込みながら探したところ、いくつか発見!

たしかにドイツスズランと比べるとかなり小ぶりで葉の影にひっそりと咲く在来種のスズランを発見!
この写真は、地面に這いつくばって(^^;フェンスの下側から撮ったもの。
決して中に足を踏み入れたわけでは御座いません!(爆)

ちなみに、ドイツスズランとの見た目の違いは花が葉より低い位置で咲くことと、花がこぶりなこと。
香りはドイツスズランよりも弱いそうです。

後から知ったのですが、この自生地は数100株盗掘されてしまっていたそうです。
その盗掘数から考えて個人的に盗んだとは思えません。悪徳業者が絡んでいるんでしょう。
笠間市では保護してるというのにフザケたヤツがですよね。

そして、日本在来種のスズランは暑さに弱く、園芸品種には向かないそうです。
盗掘されて売り捌かれた先では、間違いなく枯れてしまうという悲しい末路が見えています。
在来種が売られているのを見つけても買わないようにしましょう。

さて、先へ進みます。
というか、スズランを見たので帰ります。

が、ここからまた今来た道を引き返して、急坂を登るのはあまりにもツライ。
この時すでに15:15。
駐車場に帰り着く前に夜になるのが目にみえてます(汗)

しょうがないので長沢地区方面へ降りて、そこから山を迂回して戻ることにします。
いざとなったら通りがかったタクシーでも捕まえて・・・こんな山奥で通りかかるのか?

つづく。
posted by tszk at 18:58| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難台山 その3 山頂へ

思いのほか団子石峠に辿り着くまで時間を食ってしまったが、団子石の前でちょっと休憩。
上を見上げると木々の間から覗く空も青く天気も良。
そしてそよ吹く風がとても心地いい。

この瞬間が日頃のストレスから開放されるひと時なんだよねぇー
と、あまりのんびりしてると帰り付けないので、休憩もそこそこに出発。

ここから難台山山頂までの道のりはほとんど登り。
途中、獅子ヶ鼻、屏風岩といった巨大な岩があるので、見物しつつ登っていきます。
獅子ヶ鼻を過ぎて少し歩くと、登山道にも岩がゴロゴロし始めるので、スニーカーではちょっと危険かもしれません。
それと、雨上がりなどはトレッキングシューズを履いていても滑ると思います。
難台山へ行ってみたいという方、ご注意を。

さて、屏風岩を過ぎて少し歩くと、もう頂上です。
やっぱりアップダウンが激しいとはいえ、553mなので、ここまで来るだけならそれほど大変なことではありません(^^;
(と、いいつつ運動不足だと翌日、確実に強度の筋肉痛に悩まされるだろうな)
ちなみに、子供連れもいたので、注意して歩けば危険は少ない場所ですね。

さぁ昼食です。
私はいつものようにパンとおにぎり、そして食後にコーヒーですが、嫁さんはカップ麺を食べてました。
当然のことながらバーナー、小鍋、マグカップなどを持参してます。
山で温かいモノを食べると格別なんですよね〜

実は、この時すでに14:00を回ってました。
ゆっくりしてると体も冷えてしまうので、食べたら身支度済ませて出発です。

次なる目的地は「スズランの自生地」です。

つづく。

posted by tszk at 11:35| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

難台山 その2 団子石峠へ

5/15 難台山への旅。その2です。

まずは団子石峠へ向かいます。
初めは舗装道路だったのですが、ハイキング道の矢印に沿って脇道に逸れて森の中へと進みます。

周囲はそれまでの開けた雰囲気から一変し、鬱蒼とした深い森に入り込んだかのよう。
この辺りは運良く熊の生息地域ではないため、かなり気軽です。
(イノシシはいるけどね)

森の奥へと続く登山道を進んで行くと、目の前に階段が現れます。
・・・長い上り階段が(^^;

登り切ると、少し開けた場所に出ます。
そこが見晴らしの丘。
残念ながらたいした見晴らしではありません・・・朝焼けが出てたら綺麗かも。

軽ーく写真を撮って先へ。

またしてもアップダウンをいくつも乗り越えて行くと、さらに急な上り坂があります。
登り切ると、今度は展望台に出ます。

そこが南山展望台です。
周囲には木々が茂っているので、見渡す限り・・・とはいかないのですが、無料の据付式双眼鏡を使って見回すと、遠くの霞ヶ浦がよく見えます。
景色を楽しむなら冬がいいかもしれません。。。

双眼鏡もそこそこに先を急ぎます。

南山展望台から先も基本的に今までの道のりと一緒でアップダウンが続きますが、基本的に下りです。
団子石峠まで一気に下ります。
(そんなに時間もかからずに舗装道路に出ます)

道を越えて登山道を進んでいくと、ほんの数分で団子石です。
ここで時間は12:01。
予定よりちょっとばかり遅いですね(^^;

次回はスピードアップし、難台山山頂を目指します。(次回は「山頂へ」です)
つづく。
posted by tszk at 00:11| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

難台山に行って来ました その1

5/15に筑波山の北東にある難台山に行って来ました。
難台山は標高わずか553mという低い山。
登山道も整備されているから楽勝楽勝〜

まずは見所紹介から。
この難台山の最大の見所は南限のスズラン自生地でしょう。
在来種のスズラン自体がけっこう希少らしく、こんな風にまとまって咲いているのは珍しいようです。(南限だし)

ちなみに、お店で売ってる園芸品種のスズランは「ドイツスズラン」といってその名の通りドイツ生まれ。
大きめの花が高い位置に付くなど、在来種とは違うので見た目で分かります。
(暑さに強いドイツスズランの方が育てやすい)

そんなスズラン自生地ですが・・・(後述)

ということで、自宅出発から順を追って説明していきましょう。

8:30 自宅出発。桜川筑西インターから北関東自動車道にのり、友部で降りる。
  そのまま国道355号を経由し「あたご天狗の森スカイロッジ」下の駐車場へ。
10:10 用意を済ませ、スズランへ向けて出発!

が、出発3分後・・・道を間違って?スカイロッジへ迷い込む(爆)
管理人のオジサンに抜け道を教えてもらい先へ。
我々と一緒に迷い込んだ親子連れも一緒に先へ(^^;

さて、ここからが本番!
予定ルートはこんな感じです。

スカイロッジ - 見晴らしの丘 - 南山展望台 - 団子石峠 - 団子石 - 獅子ヶ鼻 - 屏風岩 - 難台山 - スズラン自生地

ここを往復します。
ちょっと距離があるけど、かなり低い山だから大丈夫でしょう。
と、思っていたんですが、結局、赤線のようなルートになってしまいました(^^;
その理由は・・・やっぱり後述(汗)

ということで、それでは仕切り直して次記事からスタートします。

次は「団子石峠へ」です。
posted by tszk at 19:57| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

筑波山

今頃更新してるけど、5/9に筑波山に行って来ました。
言わずと知れた茨城県最高峰です。
871mなんだけど。

今回は友人夫婦を誘って、山歩き気分を感じてもらおうという趣旨。
これで山歩きが面白くなってくれれば、一緒に行く仲間が増えるかもしれない・・・が、どうなんでしょう?!
あと、裏の目的?として冬の間に鈍ってしまった我々のトレーニングも兼ねてます(汗)

ではどうして筑波山なのか?
それは簡単。
ロープウェーで頂上近くまで行けるから(爆)
「それって、山登ってないじゃん!」という言葉が聞こえて来そうですが、まぁ、その通りです。
とりあえず、手近な山頂(女体山、男体山とも)には登ったんですが、あとは下りのみ。
最初はこれくらい楽チンじゃないとね(笑)

さてさて、これが我々4名。
筑波山名物の奇岩の前で記念撮影です。

これが最初で最後にならなければいいんだが・・・(と、暗にプレッシャーをかけてみた)

ところで、今回初めて春先に筑波山に来てみて驚いたことが何点かあります。
まず植生。
こんな1000mにも満たない低い山だというのに、麓と中腹、頂上付近では微妙に植生が異なっているなんて、全く想像していませんでした。
(以前、訪れたのは1月だったので気付かなかっただけ?)

そしてゴールデンウィーク明けにも関わらず、予想以上に混んでいたこと。
しかも、歩いて登ってくる登山客が多かった。
そういえば筑波山って100名山の1座だったんですよね。
日ごろから見慣れているので、すっかり忘れてました(^^;

筑波山で見つけた山野草はこちら・・・
春の筑波山 5月の花 1
春の筑波山 5月の花 2
春の筑波山 5月の花 3

本当はもっとたくさんあったんだけど、とりあえずこんなもんで。

そして足慣しが済んだ我々は、5/15に筑波山のすぐ近くにある難台山へ。
ここにしかない南限のスズラン自生地を見に行く計画を実行に移すのであった・・・(続きはのちほど)

posted by tszk at 22:31| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

ネズミ捕り発見!

今年の2/27に開通した真岡の大道泉橋。
とても広くて真っ直ぐな橋です。

その大道泉橋で今日、ネズミ捕りをしているのを発見!

場所はここ → Google Map
と思ったらまだ地図が新しくなってないじゃん・・・
新しく架け直した橋の同じような位置(西から東へ渡りきった場所)です。

しかしまぁ、速度感覚の掴みづらい変化のない直線と下り坂、さらに見つからないように橋の欄干に隠れるように設置された速度取締機。
制限速度が50kmなのに、広くて真っ直ぐな橋を下ったところでのネズミ捕りなんて反則もいいところでしょー
人の錯覚まで利用した悪意のある取締に思えるし。

ちなみに私が見かけたほとんどの車は70〜80kmは出てたはず。
間違いなく一網打尽だねぇ・・・

というか、何でほとんど歩行者なんて通らない片側2車線にしてもいいくらいの広さがある橋なのに制限速度が50kmなんだ?

こんなところでクダラナイ取締なんかしてないで、その先にある赤から青に変わるまで2分もかかる信号のプログラムを直して朝の混雑を緩和すべきなんじゃないのかい?!
posted by tszk at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

マムート Gore-Tex Climate Light Rain Suits

ちょうど今、巷のアウトドアショップでは春山シーズン到来ということで、春山フェアが開催されています。
うちも少しずつグッズを追加していっているところで、今年はレインウェアの番になりました。
去年までは撥水性の強いウィンドブレーカーでしのいでいたんですが、雨が降ればズボンはずぶ濡れ、靴の中まで水浸し。
当然襟首から侵入した雨で体もずぶ濡れでは、イザという時にヤバいかなーと(^^;

ところでレインウェアって知ってます?
平たく言えば高機能雨合羽なわけですが、どこが高機能なのかというと、まず普通の合羽とは素材からして違います。
(当然ビニールじゃない)
ゴアテックスかそれに順ずる防水透湿性に優れた素材を使用し、雨の中を行動しても体力の消耗を最小限に抑えてくれるようなものです。

さて、前置きはこれくらいにして・・・
今回ゲットしてきたのはこちら。


男性用Lサイズ


女性用Mサイズ

スイスのマムート(MAMMUT)というメーカーのレインウェアです。
山によく行かれる方には馴染みのあるメーカーですよね。
赤地に黒のマンモスがトレードマークです。

レインウェアの選択基準は機能性(防水性能)は当然のことながら、収納時のサイズ、重さ、耐久性とのバランスで判断しなくてはいけません。
当然のことながら、マムートの"Gore-Tex Climate Light Rain Suits"は私の選択基準をクリアしている数ある候補のうちの1つで、その中でも価格的にはちょっとお高い方です。

しかし、どうしてこれを選んだのかというと、"鶴"のひと声です(爆)
この画像では分からないですが、他社のレインウェアと横並びに見た時にデザインが良かったというのが一番でしょうか。

しかも、宇都宮の石井スポーツでは春山フェアで10%オフ!
おかげで"ちょっとお高い"というデメリットも相殺され、満足のいく買い物が出来たのは言うまでもありません。
(ちなみにネットではフェア価格は適用されないので店頭へ行かなくてはダメです)

これで、今年は急な雨で体力が奪われてアウト。ということもなくなりそうですが、出来るだけ晴れて天気の良い日に登りたいなー(^^;
posted by tszk at 10:54| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

1日10本限定 抹茶ロール

やっぱり1日10本限定!って言われたら買うしかないでしょう(爆)

越谷レイクタウン1Fにある「京乃ぴょんや」で"いちご練乳生どら"を見ていた時に、嫁さんに「こっちの方が良いんじゃない?」と言われて買ったのがこれ。
1本1,360円と、ちょっとお高かったんですが、そこは限定だし(^^;

さっそく切り分けて食べてみます。

まず、スポンジがしっとりして柔らかく抹茶の香りが食欲をそそります。
抹茶クリームは適度な甘さと風味があり、生クリームと相まってなかなかの美味しさです。

そしてこの黒っぽいモノ、気になりません?
これ、抹茶ゼリーなんです。
このゼリーのおかげで、さっぱりとした後味になるのでペロッと食べられます。

しかし惜しむらくは、このサイズ。
4人で食べるにはいいけど、それ以上になると薄切りになってしまう感じです。

まぁ、その分、素材や手間がかかっていそうなので、質を求める方にこそオススメです。
もちろん、うちのように2人で食べるには十分なサイズだと思います。

気になった方。
1日10本限定だそうなので、お早めにどうぞ〜

◎ 追記。
ココで売ってるのを発見!
やっぱりネットでも売ってたんだねー(^^;
(右の画像をクリック!)

ちなみに店頭価格もネットと一緒でした(訂正済み)
posted by tszk at 23:49| Comment(0) | 美味い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。