2010年04月17日

ホチキスとシャープペン

ホチキスって、実は正式名称はステープラーっていうのを知ってますか?!
ちなみに、ホチキスというのは発明者のベンジャミン・バークリー・ホッチキス氏から来ているそうです。

ま、謂れはともかく、新しいホチキスを買ってきました。
MAXのサクリフラット 20枚綴じ (HD-10FLK)です。
(ここ最安では? ↑)

どうして、消耗とは無縁な(?)ホチキスを買ったかというと、今まで使っていたものが、最近、軸受が歪んで来たらしくコピー用紙10枚未満でもまともに貫通出来なくなってきたのでしょうがなく・・・(^^;

でも、最近のホチキスはすごいですね!
針ホルダーと背面に合計200本収納出来たり、 綴じた時に針がループ状に盛り上がらず、フラットになったり、針のリムーバーにストッパーが付いていたりと、ほんとに高機能!
しかも綴じるために必要な力も軽くて済んじゃう。

こうやって使い比べてみると、機能に違いはないと思い込んでいたホチキスであっても、やっぱり最新のモノは良いですよね〜
ちょっと目から鱗でした。

そして、次がこれ。
パイロットのクーペという新発売のシャープペンです。
見ての通り、どちらかというと特別な機能が何もない芯径0.5mmのオーソドックスなシャープペンです。

何事においても機能優先の私にはとても珍しい傾向だと思いません?(笑)

あえて違いを挙げるとするなら、金属(アルミ)製の太軸で、グリップがラバーやシリコンではなく、重心が少し先端寄りになっている程度です。

しかし、このほんのちょっとした差が、意外なほどの使い易さにつながっているような感じです。
私のようなペンを握りつぶさんばかりに、無意識のうちに力を入れてしまうタイプの人には、疲れにくさを実感してもらえるんじゃないかと思います。
posted by tszk at 00:46| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。