2009年04月19日

LAMY safariにPilotのリフィルを使う

嫁さんに買ってあげたラミー サファリボールペンですが、ずっと書いていれば問題ないんだけど、ちょっと時間が経つと書き始めにスムーズにインクが出ないというクレームが来ました(^_^;)

「もっと使いなさい」という指導をしようかと思ったのですが、書き始めのカスレが嫌で使わなくなってしまっては元も子もないので、Pilot製リフィルに交換することにしました。

もちろんサイズ的にLAMY M16とPilot BRFN-30は互換性がありません。
しかし、ペン先の太さ、長さとインクタンク部分の太さはほぼ一緒。
全長がBRFNの方が15〜16mmほど短い。

こんな時は、何かをスペーサーとして入れてあげればたいていは大丈夫。
私がこの時チョイスした素材はコレです。

組み立て家具などでよく見かける木ダボ。
直径がちょうどM16リフィルとほぼ一緒で、強度もあり、さらに木なのでとても軽く、ペンのバランスを崩さない。と、良いこと尽くめ(ホントか?)

どこのホームセンターでも置いてあるので、好きな長さにカットすればOKなので入手難易度も低いし加工も簡単・・・といいつつ、けっこう固いんだよねー(^_^;)

で、結果は?というと、ちゃんとノック出来るし、本体無改造なので、すぐに元に戻せる。
そして懸案だった書き出しのカスレも無くなったので大成功!

ということで、M16の書き出しに不満の方。
BRFN-30へのお手軽換装、一度お試しアレ!
posted by tszk at 17:51| Comment(12) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして〜。
LAMYのリフィルに不満があって調べてたら、たどり着きました。

今日、僕も書いてくれてはる通りにやったら上手くいきました!
不満だったカスレがなくなりそうで、
またPILOTのインクの色がLAMYよりも好みだったのでホントに良かったです。
ありがとうございました。
Posted by んじゃみ at 2009年09月29日 01:00
★んじゃみさん
コメントありがとうございます!
ペンを気に入ってもインクが気に入らないってことありますよね〜
Pilotのインクって完全な日本規格のインクなので、細くてシャープな書き味。
逆にLAMYは、太くて柔らかな線が書けるから好みが分かれるところです。
いっそのこと、全てのインクリフィルのサイズが共通規格だったら好きな方が選べるのに・・・って思う時もあるんですが、デザインの制約もあるからなかなかそうもいかないんですよね。

まずは、好みのペンの完成おめでとう〜
Posted by tszk at 2009年09月29日 07:17
まったく同じことをしようとして調べていましたら、ここに来ました。参考になります。試してみます!

私もパイロットのインクがいいなと思ったところでした。メイドインジャパンは機能的ですね!

LAMYは2000・トライペン・サファリ等、だいぶいろいろ使ってますけど、どうもインクがなくなるのが早いと感じます。かすれと、リフィルの値段がとても残念。デザインがすごく気に入っているのですが・・・。

Posted by mg at 2009年12月06日 22:29
★mgさん
コメントありがとうございます。
やはり、似たようなことを考える人は多いみたいですね(笑)
で、LAMYを含めて海外製のリフィルの多くは、日本製でいう太字に近いサイズなので、どうしてもインクの消費量は多くなってしまうのが痛いところ。
さらに輸入品なので価格も割高ですから・・・
そういう観点からも日本製で代用したいと考えるのは普通の流れでしょうね〜

ということで、試してみてくださいね!
Posted by tszk at 2009年12月12日 23:54
ラミーのM-16は本当にインクが無くなるのが早くて、困ってたので本当に有難うございます!

早いときは1ヶ月もたないのに毎回約800円も払ってたらかなりキツいので・・・

M-16のリフィルのカバーをハサミで切って調節するともっと簡単でしたよ。

M-16のリフィルカバーをパイロットのリフィルに接着することなく、切ったリフィルをそのままサファリに放り込めば普通に使えます!

マジで有難うございました!
Posted by さふぁり at 2010年01月22日 21:19
★さふぁりさん
コメントありがとうございます。
M16は、というか、海外製のリフィルは太字が多いのでインク消費も激しいですよねぇ。
しかも、1本が高いのは困ったものです。
で、リフィルのカバーは聞いたことあります。
でもうちの場合は1本使い切って次のインクを探してたわけじゃないので残念ながら採用出来ず(^^;
次、使えるようなら試してみますね。
ということで、ありがとうございました!
Posted by tszk at 2010年01月26日 01:33
私も参考にさせていただきました。
ありがとう。
lamyは嫁のプレゼントだったもので、大切に使っていたのですが、やはりm-16に毎回800円もかかるのはかなり困り者だったので本当に助かりました。

田舎住まいですが、パイロットの替え芯ならいつでも手に入りますし大満足です!!

それにしても、最初にこういった方法を思いつくなんて本当に素晴らしい!!

ありがとう!!
Posted by u-key at 2012年03月04日 19:52
★u-keyさん
コメント有難うございます。
うちの方でも今でこそリフィルも選べるようになってきましたが、少し前までは車で1時間近くかかる大きな街まで行くしかありませんでした。
値段もさることながら入手性の良さもPilotリフィルのメリットですね。

ちなみに私もこの方法は別なペンで初めて知ったので、完全オリジナルではありません(^^;
1番最初に思いついた人は本当に素晴らしいですね!
Posted by tszk at 2012年03月04日 22:39
すいません。
木ダボって何ミリのもの用意したらいいのでしょうか?
Posted by ああ at 2012年08月03日 22:39
★ああさん
コメント有難うございます。
言われてみればそうですね!
ひと口にダボといっても、組み立て家具で使用する6mmだけではなく、もっと太いものもありますもんね。

で、今回使用したのは6mmです。
長さは適当に15mm以上のものであれば何mmでもOK!
だってちょん切っちゃいますから〜(^^)/
Posted by tszk at 2012年08月03日 23:31
ありがとうございます。
早速挑戦してみます。
ちなみにこのリフィルを本来突っ込むべきペンであるタイムラインも素晴らしいですね。
Posted by ああ at 2012年08月04日 22:40
★ああさん
ダボってけっこう硬いので加工に手間取るかもしれませんが頑張って下さいね。
タイムライン、実は使ったことありません(^^;
あとでチェックしてみます!
Posted by tszk at 2012年08月08日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。