2005年07月20日

スカイキャプテン見た

DVDレンタルしてきて、ジュード・ロウが主演の「スカイキャプテン」を見た。

ハッキリ言って、こりゃナシだろう〜というシーンの連発に楽しませられましたね。
何でレシプロ機が水空両用なんだ!?
とか、このロボットってどういう設定?
敵の飛行型のロボットは羽ばたいてるし・・・
不思議な光線銃や大型ロケットまで出てくる、そのメカも、なんかありそうで好感が持てる。
こういう不思議アイテムの映画といっても過言ではないかもね。

じゃ、面白くないか?というとそういうわけでもなく、大量に使われたCGと実写の融合がなかなか上手くいっているので、意外と引き込まれます。
もちろん物語りは、そんなに深いストーリーがあるようにも見えない。(事実、ストレート)

あとキャスティングはジュード・トウの他に、グィネス・パルトロウやアンジェリーナ・ジョリーなど、有名どころも出ていて、そういう意味では楽しめるね。

最後にこの映画は・・・
私感では、58点! CGやアイテムは面白いけど、もう良いかな(-_-;)レベル。
posted by tszk at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。