2010年05月27日

疲れた時は小難しい本。

ここ最近、けっこう忙しくて帰宅が深夜になることもしばしば。
昨夜も午前3時過ぎました。
いやー、この忙しさ久々かも(-_-)

ま、それはともかく。
忙しくて疲れてる時に限って、なぜか小難しい本が読みたくなります。
疲れて思考力が落ちてるのにも関わらず。
不思議なもんです。

で、今、ふいに読み始めたのがゼノンのパラドックスについての本。
簡単にいうと、アキレスと亀など運動と時間、空間に関するパラドックス(一見、正しそうなことを言ってるんだけど、何か違う)の解説で、高校数学では無限大や極限(lim)を使うことで証明していた類の話題ですね。

ちなみに前回忙しかった時は「量子の宇宙のアリス」でした。
不思議の国のアリスをモチーフに量子力学を解説した本で、波動方程式のような複雑な式は出てこないんだけど、理論を分かりやすく解説してます。

そういえば最近、量子もつれに関するニュースが多かったので、そっち関係の本でも読んでみたいかな。

とはいっても、忙しい時は読める時間がとても限られてしまう。
しょうがないので図書館で延長延長するんだけど、こういう本は不人気なのか借り放題(^^;
じゃ、余裕が出ても読むのか?と言われると微妙なんだよね。

どうしてだろう???
posted by tszk at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

「もとこ」のわらび餅

「もとこ」のわらび餅です。
これは黒糖味。

半分はそのままで。

残り半分は黒蜜をかけて頂きました。
黒糖好きにはたまりません!
posted by tszk at 14:05| Comment(2) | 美味い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難台山 その5 怪しい人影

難台山 スズラン紀行もこれで最終回です。
最後はちょっと怖い(?)お話です。

スズランの自生地を抜け、登山道からアスファルトで舗装された小径に下りてきました。
周囲を見回すと、自分たちが立っている小径意外には人工物が目に入らないくらいに、本当に人里離れた山奥だという感じがします。
(時々、飛行機が飛んでますが・・・)

きっと、夕方以降になると誰もここに来ることは無いんでしょう。
そんなことを考えながら小径を歩いていると、右前方に人影が見えます。
が、強烈な違和感を全身から発散させています。

もちろん山の中ですから、こんなところで人に会うこと自体考えられません。
さらに、その服装が何かの警備員のようなヘルメットに防水機能のありそうなジャンパーというもの。

しかし、違和感の原因はそこではありません。
どことなく無機質的な空気を感じます。
ずばり言ってしまうと全く生気を感じません。

生きているのか、それとも・・・

さらに数m進むとその異様な姿が藪の向こうに見え始めました。
なんということでしょう。
どす黒く顔色が変色した男が背の低い金属柱に吊り下げられてます!!!
(写真クリックで関連記事)

もちろん接近しましたとも!

近付いてよく見ると、この人はマネキンでした(^^;
ずっとここに立っているので顔が汚れてしまったんでしょう。

で、何を守っているのかというと、このマネキンの後ろが池になっているから、子供などが落ちないように見張っているようでした。

一瞬ドキッとしましたが、"ホンモノ"じゃなくて本当に良かったと胸を撫で下ろしつつ、先を急ぐのでした(-_-;)

ここからスカイロッジまではかなりの距離があります。
もちろん、他にもいろいろドラマはあったんですが割愛します。
他のネタでは、このマネキン事件を超えられそうも無いしね(^^;

終わり。
posted by tszk at 01:44| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

難台山 その4 スズラン自生地

難台山の頂上からスズラン自生地方面へ降りていきます。
けっこうな急坂です。
しかもずーっと、いつまでもいつまでも下り続けます。
距離にして約1km、時間にして15分弱ですが、下り続けるのはけっこう集中力が必要なので疲れますね(^^;
しかも、後ろから来る人もいなければ、前を歩いてる人もいません。

山の中で完全に私たちのみ。
鳥の鳴き声と風に揺れる木の葉のさざめく音が静けさを際立たせます。

そこで、はたとマムシにでも噛まれたり、イノシシに襲われたり、スズメバチに刺されたりしたら一巻の終わりだなーと実感(-_-;)
救急セットはしっかりしたものを持つべきですね。

途中に立て看板があり、さらに15分ほど難台山の下りよりキツい坂を下り続けるとようやく自生地に到着します(画像をクリック)

やっと着いたーっ!と、周囲を見回すと立て看板がいくつか目に付きます。
張り巡らせたフェンスはイノシシ除けだそうで、内側にスズランが咲いて・・・いない。

なぜ?

そっか、イノシシの食害がかなり進んでしまったんだろうなと納得して?フェンスの内側を覗き込みながら探したところ、いくつか発見!

たしかにドイツスズランと比べるとかなり小ぶりで葉の影にひっそりと咲く在来種のスズランを発見!
この写真は、地面に這いつくばって(^^;フェンスの下側から撮ったもの。
決して中に足を踏み入れたわけでは御座いません!(爆)

ちなみに、ドイツスズランとの見た目の違いは花が葉より低い位置で咲くことと、花がこぶりなこと。
香りはドイツスズランよりも弱いそうです。

後から知ったのですが、この自生地は数100株盗掘されてしまっていたそうです。
その盗掘数から考えて個人的に盗んだとは思えません。悪徳業者が絡んでいるんでしょう。
笠間市では保護してるというのにフザケたヤツがですよね。

そして、日本在来種のスズランは暑さに弱く、園芸品種には向かないそうです。
盗掘されて売り捌かれた先では、間違いなく枯れてしまうという悲しい末路が見えています。
在来種が売られているのを見つけても買わないようにしましょう。

さて、先へ進みます。
というか、スズランを見たので帰ります。

が、ここからまた今来た道を引き返して、急坂を登るのはあまりにもツライ。
この時すでに15:15。
駐車場に帰り着く前に夜になるのが目にみえてます(汗)

しょうがないので長沢地区方面へ降りて、そこから山を迂回して戻ることにします。
いざとなったら通りがかったタクシーでも捕まえて・・・こんな山奥で通りかかるのか?

つづく。
posted by tszk at 18:58| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難台山 その3 山頂へ

思いのほか団子石峠に辿り着くまで時間を食ってしまったが、団子石の前でちょっと休憩。
上を見上げると木々の間から覗く空も青く天気も良。
そしてそよ吹く風がとても心地いい。

この瞬間が日頃のストレスから開放されるひと時なんだよねぇー
と、あまりのんびりしてると帰り付けないので、休憩もそこそこに出発。

ここから難台山山頂までの道のりはほとんど登り。
途中、獅子ヶ鼻、屏風岩といった巨大な岩があるので、見物しつつ登っていきます。
獅子ヶ鼻を過ぎて少し歩くと、登山道にも岩がゴロゴロし始めるので、スニーカーではちょっと危険かもしれません。
それと、雨上がりなどはトレッキングシューズを履いていても滑ると思います。
難台山へ行ってみたいという方、ご注意を。

さて、屏風岩を過ぎて少し歩くと、もう頂上です。
やっぱりアップダウンが激しいとはいえ、553mなので、ここまで来るだけならそれほど大変なことではありません(^^;
(と、いいつつ運動不足だと翌日、確実に強度の筋肉痛に悩まされるだろうな)
ちなみに、子供連れもいたので、注意して歩けば危険は少ない場所ですね。

さぁ昼食です。
私はいつものようにパンとおにぎり、そして食後にコーヒーですが、嫁さんはカップ麺を食べてました。
当然のことながらバーナー、小鍋、マグカップなどを持参してます。
山で温かいモノを食べると格別なんですよね〜

実は、この時すでに14:00を回ってました。
ゆっくりしてると体も冷えてしまうので、食べたら身支度済ませて出発です。

次なる目的地は「スズランの自生地」です。

つづく。

posted by tszk at 11:35| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

難台山 その2 団子石峠へ

5/15 難台山への旅。その2です。

まずは団子石峠へ向かいます。
初めは舗装道路だったのですが、ハイキング道の矢印に沿って脇道に逸れて森の中へと進みます。

周囲はそれまでの開けた雰囲気から一変し、鬱蒼とした深い森に入り込んだかのよう。
この辺りは運良く熊の生息地域ではないため、かなり気軽です。
(イノシシはいるけどね)

森の奥へと続く登山道を進んで行くと、目の前に階段が現れます。
・・・長い上り階段が(^^;

登り切ると、少し開けた場所に出ます。
そこが見晴らしの丘。
残念ながらたいした見晴らしではありません・・・朝焼けが出てたら綺麗かも。

軽ーく写真を撮って先へ。

またしてもアップダウンをいくつも乗り越えて行くと、さらに急な上り坂があります。
登り切ると、今度は展望台に出ます。

そこが南山展望台です。
周囲には木々が茂っているので、見渡す限り・・・とはいかないのですが、無料の据付式双眼鏡を使って見回すと、遠くの霞ヶ浦がよく見えます。
景色を楽しむなら冬がいいかもしれません。。。

双眼鏡もそこそこに先を急ぎます。

南山展望台から先も基本的に今までの道のりと一緒でアップダウンが続きますが、基本的に下りです。
団子石峠まで一気に下ります。
(そんなに時間もかからずに舗装道路に出ます)

道を越えて登山道を進んでいくと、ほんの数分で団子石です。
ここで時間は12:01。
予定よりちょっとばかり遅いですね(^^;

次回はスピードアップし、難台山山頂を目指します。(次回は「山頂へ」です)
つづく。
posted by tszk at 00:11| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

難台山に行って来ました その1

5/15に筑波山の北東にある難台山に行って来ました。
難台山は標高わずか553mという低い山。
登山道も整備されているから楽勝楽勝〜

まずは見所紹介から。
この難台山の最大の見所は南限のスズラン自生地でしょう。
在来種のスズラン自体がけっこう希少らしく、こんな風にまとまって咲いているのは珍しいようです。(南限だし)

ちなみに、お店で売ってる園芸品種のスズランは「ドイツスズラン」といってその名の通りドイツ生まれ。
大きめの花が高い位置に付くなど、在来種とは違うので見た目で分かります。
(暑さに強いドイツスズランの方が育てやすい)

そんなスズラン自生地ですが・・・(後述)

ということで、自宅出発から順を追って説明していきましょう。

8:30 自宅出発。桜川筑西インターから北関東自動車道にのり、友部で降りる。
  そのまま国道355号を経由し「あたご天狗の森スカイロッジ」下の駐車場へ。
10:10 用意を済ませ、スズランへ向けて出発!

が、出発3分後・・・道を間違って?スカイロッジへ迷い込む(爆)
管理人のオジサンに抜け道を教えてもらい先へ。
我々と一緒に迷い込んだ親子連れも一緒に先へ(^^;

さて、ここからが本番!
予定ルートはこんな感じです。

スカイロッジ - 見晴らしの丘 - 南山展望台 - 団子石峠 - 団子石 - 獅子ヶ鼻 - 屏風岩 - 難台山 - スズラン自生地

ここを往復します。
ちょっと距離があるけど、かなり低い山だから大丈夫でしょう。
と、思っていたんですが、結局、赤線のようなルートになってしまいました(^^;
その理由は・・・やっぱり後述(汗)

ということで、それでは仕切り直して次記事からスタートします。

次は「団子石峠へ」です。
posted by tszk at 19:57| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

筑波山

今頃更新してるけど、5/9に筑波山に行って来ました。
言わずと知れた茨城県最高峰です。
871mなんだけど。

今回は友人夫婦を誘って、山歩き気分を感じてもらおうという趣旨。
これで山歩きが面白くなってくれれば、一緒に行く仲間が増えるかもしれない・・・が、どうなんでしょう?!
あと、裏の目的?として冬の間に鈍ってしまった我々のトレーニングも兼ねてます(汗)

ではどうして筑波山なのか?
それは簡単。
ロープウェーで頂上近くまで行けるから(爆)
「それって、山登ってないじゃん!」という言葉が聞こえて来そうですが、まぁ、その通りです。
とりあえず、手近な山頂(女体山、男体山とも)には登ったんですが、あとは下りのみ。
最初はこれくらい楽チンじゃないとね(笑)

さてさて、これが我々4名。
筑波山名物の奇岩の前で記念撮影です。

これが最初で最後にならなければいいんだが・・・(と、暗にプレッシャーをかけてみた)

ところで、今回初めて春先に筑波山に来てみて驚いたことが何点かあります。
まず植生。
こんな1000mにも満たない低い山だというのに、麓と中腹、頂上付近では微妙に植生が異なっているなんて、全く想像していませんでした。
(以前、訪れたのは1月だったので気付かなかっただけ?)

そしてゴールデンウィーク明けにも関わらず、予想以上に混んでいたこと。
しかも、歩いて登ってくる登山客が多かった。
そういえば筑波山って100名山の1座だったんですよね。
日ごろから見慣れているので、すっかり忘れてました(^^;

筑波山で見つけた山野草はこちら・・・
春の筑波山 5月の花 1
春の筑波山 5月の花 2
春の筑波山 5月の花 3

本当はもっとたくさんあったんだけど、とりあえずこんなもんで。

そして足慣しが済んだ我々は、5/15に筑波山のすぐ近くにある難台山へ。
ここにしかない南限のスズラン自生地を見に行く計画を実行に移すのであった・・・(続きはのちほど)

posted by tszk at 22:31| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

ネズミ捕り発見!

今年の2/27に開通した真岡の大道泉橋。
とても広くて真っ直ぐな橋です。

その大道泉橋で今日、ネズミ捕りをしているのを発見!

場所はここ → Google Map
と思ったらまだ地図が新しくなってないじゃん・・・
新しく架け直した橋の同じような位置(西から東へ渡りきった場所)です。

しかしまぁ、速度感覚の掴みづらい変化のない直線と下り坂、さらに見つからないように橋の欄干に隠れるように設置された速度取締機。
制限速度が50kmなのに、広くて真っ直ぐな橋を下ったところでのネズミ捕りなんて反則もいいところでしょー
人の錯覚まで利用した悪意のある取締に思えるし。

ちなみに私が見かけたほとんどの車は70〜80kmは出てたはず。
間違いなく一網打尽だねぇ・・・

というか、何でほとんど歩行者なんて通らない片側2車線にしてもいいくらいの広さがある橋なのに制限速度が50kmなんだ?

こんなところでクダラナイ取締なんかしてないで、その先にある赤から青に変わるまで2分もかかる信号のプログラムを直して朝の混雑を緩和すべきなんじゃないのかい?!
posted by tszk at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

マムート Gore-Tex Climate Light Rain Suits

ちょうど今、巷のアウトドアショップでは春山シーズン到来ということで、春山フェアが開催されています。
うちも少しずつグッズを追加していっているところで、今年はレインウェアの番になりました。
去年までは撥水性の強いウィンドブレーカーでしのいでいたんですが、雨が降ればズボンはずぶ濡れ、靴の中まで水浸し。
当然襟首から侵入した雨で体もずぶ濡れでは、イザという時にヤバいかなーと(^^;

ところでレインウェアって知ってます?
平たく言えば高機能雨合羽なわけですが、どこが高機能なのかというと、まず普通の合羽とは素材からして違います。
(当然ビニールじゃない)
ゴアテックスかそれに順ずる防水透湿性に優れた素材を使用し、雨の中を行動しても体力の消耗を最小限に抑えてくれるようなものです。

さて、前置きはこれくらいにして・・・
今回ゲットしてきたのはこちら。


男性用Lサイズ


女性用Mサイズ

スイスのマムート(MAMMUT)というメーカーのレインウェアです。
山によく行かれる方には馴染みのあるメーカーですよね。
赤地に黒のマンモスがトレードマークです。

レインウェアの選択基準は機能性(防水性能)は当然のことながら、収納時のサイズ、重さ、耐久性とのバランスで判断しなくてはいけません。
当然のことながら、マムートの"Gore-Tex Climate Light Rain Suits"は私の選択基準をクリアしている数ある候補のうちの1つで、その中でも価格的にはちょっとお高い方です。

しかし、どうしてこれを選んだのかというと、"鶴"のひと声です(爆)
この画像では分からないですが、他社のレインウェアと横並びに見た時にデザインが良かったというのが一番でしょうか。

しかも、宇都宮の石井スポーツでは春山フェアで10%オフ!
おかげで"ちょっとお高い"というデメリットも相殺され、満足のいく買い物が出来たのは言うまでもありません。
(ちなみにネットではフェア価格は適用されないので店頭へ行かなくてはダメです)

これで、今年は急な雨で体力が奪われてアウト。ということもなくなりそうですが、出来るだけ晴れて天気の良い日に登りたいなー(^^;
posted by tszk at 10:54| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

1日10本限定 抹茶ロール

やっぱり1日10本限定!って言われたら買うしかないでしょう(爆)

越谷レイクタウン1Fにある「京乃ぴょんや」で"いちご練乳生どら"を見ていた時に、嫁さんに「こっちの方が良いんじゃない?」と言われて買ったのがこれ。
1本1,360円と、ちょっとお高かったんですが、そこは限定だし(^^;

さっそく切り分けて食べてみます。

まず、スポンジがしっとりして柔らかく抹茶の香りが食欲をそそります。
抹茶クリームは適度な甘さと風味があり、生クリームと相まってなかなかの美味しさです。

そしてこの黒っぽいモノ、気になりません?
これ、抹茶ゼリーなんです。
このゼリーのおかげで、さっぱりとした後味になるのでペロッと食べられます。

しかし惜しむらくは、このサイズ。
4人で食べるにはいいけど、それ以上になると薄切りになってしまう感じです。

まぁ、その分、素材や手間がかかっていそうなので、質を求める方にこそオススメです。
もちろん、うちのように2人で食べるには十分なサイズだと思います。

気になった方。
1日10本限定だそうなので、お早めにどうぞ〜

◎ 追記。
ココで売ってるのを発見!
やっぱりネットでも売ってたんだねー(^^;
(右の画像をクリック!)

ちなみに店頭価格もネットと一緒でした(訂正済み)
posted by tszk at 23:49| Comment(0) | 美味い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

原田真二とPlayZ

今日は越谷レイクタウンに行って来ました。
うちの方から越谷に向かうには新4号をずっと南下するんですが、大方の人の流れとは基本的に逆なので往復ともたいした渋滞もなく、いつもより早いくらいの時間で到着。

やっぱり連休は人と反対に動かないとね。

私がレイクタウンに行く目的は3つ。
1.文具や革製品のチェックと品定め
2.トレッキンググッズの品定め
3.うちの方にはないスイーツの食べ歩き(笑)

しかし残念なことに、いつも行っていたちょっと高級なグッズの置いてある文具屋が撤退していた(-_-;)
さらに期待していたタイプの革財布も見つからず・・・
おまけにGWの人での多さでレストラン街も大混雑で気軽に店に入れる状況じゃない。

この時点で目的の2つは諦めて、トレッキンググッズに集中しようにも、どういうわけかレインギア(雨具)が意外と品薄。
やっぱり季節柄、需要が先行してるんだろう・・・

と、まさに踏んだり蹴ったり。

そんな感じでフラフラしてるうちに、ビクトリアスポーツの前に人だかりが出来始めていることに気が付いた。
何だろう?とよく見てみると、どうやらPlayZというグループがライブをするらしい。
楽曲が始まると、周囲には20歳そこそこくらいの女性がたくさん集まって来たので、へぇーと思いつつそばを通過(^^;

そのまま移動し、ウィンドウショッピングしつつ、途中、牛タンの利休で夕飯(5時半だけど)して、ノジマ電気へ。
そしたら、こちらは原田真二がライブをやっていた。
周囲は私よりもちょっとだけ?年上の女性が多くいた。
その様子を見ていて、ふと感じたのが、観客の温度の違い。

PlayZの観客にも熱い人はいたけど、平均したら原田真二の観客の方が明らかに上を行っていたと感じる。
きっと、その温度の違いの元になっているのは、昔からずっと現役であり続けている原田真二への「頑張れ! 応援するから引退なんかするんじゃないぞ!」という気持ちなんだろうなぁ。
そんな風に感じた瞬間でした。

ちなみに私はどちらにも興味なし(^^;
というか、それ以前に、それぞれがどんな人達かよく分からないし(汗)

こんな感じで1日が過ぎて行ったのでした。
・・・これって今日は残念な1日だったってことでは!?(-_-;)
posted by tszk at 23:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

スズラン買ってきました

スズランが行き付けの花屋さん(小山市の花いちもんめさん)の店頭に並んでいるのを見つけて、思わず買ってきちゃいました。

まぁ、正確には前々から嫁さんに欲しいって言われていたから買ってきたんですけど(^^;

ちなみに、店で売ってるスズランはほとんどがドイツスズランなので、そこそこ暑さにも強いようで育てるのも比較的楽みたいです。


ところでスズランって毒性植物だって知ってます?

根だけじゃなく可憐な小さな花にも毒があるんだそうです。
大量摂取すると心臓麻痺に至るという恐ろしいものらしいから、猫草と間違えて食べられないように注意しないとね。
posted by tszk at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

日光翠園のタピオカいちご杏仁豆腐

FKDインターパーク店で日光翠園の杏仁豆腐を買ってきました。
今回はタピオカ入り。
しかも苺味。

写真では分かりづらいかもしれませんが、苺の種のツブツブが入ってます。
やっぱり栃木は苺の名産地なので、いろいろな苺入りのスウィーツが売ってますね。

で、お味の方は杏仁豆腐の優しい甘さに、ほのかな苺の風味とタピオカの歯ごたえがマッチしていて、いくらでも食べられそうな感じです。

特に杏仁豆腐好きにはおすすめですね〜
posted by tszk at 21:59| Comment(2) | 美味い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。