2009年06月30日

近所で事件!?

近所で何か事件が発生したらしい。
どんな事件かは分からないけど、2人組の刑事が若い外国人男性と思われる容疑者を追跡していたと、うちの親が言っていた。
刑事にすれ違わなかったか聞かれたというからには、ほんとに逃げてすぐだったんだろう。

近所といえば、田畑や林、農家の納屋にお寺、工場、病院、廃屋など隠れ場所には事欠かないだけにちょっと不安かも・・・

だけど、警察署まで直線で1kmも無いので、何かあってもすぐに来てくれる(ハズ)。

何はともあれ、今夜は戸締りだけはしっかりしておかないとキケンかもね(-_-;)
posted by tszk at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

キットカット ラムネ味

090629_2145~0001.jpg疲れた時には甘いものが良いよね。
と、思ったら…

ラムネ味。

うーむ(-_-;)
ラムネとチョコの組合せってけっこうあるからハズレってことはないと思うんだけど…
実はあまり得意な味じゃなかったりする(汗)

posted by tszk at 21:58| Comment(3) | 携帯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

ギョリンソウ(ギンリョウソウ)

あとで写真だけアップしますと言いながら、やっとこさアップしました。

これがギョリンソウです!(魚鱗草と書くようです)
また、別名を「ギンリョウソウ(銀竜草)」とも言うらしいです。

ちょっと調べてみたところ、ギョリンソウとは葉緑素を持たない植物で、養分は腐敗した植物を分解する菌糸(キノコ)から得ているそうです。
つまり、生活の全てがキノコ頼みということか・・・少しでも土地が乾燥したら一巻終り。
なんとも綱渡りな生活です。

発見した場所は白樺谷地〜水無谷地に抜ける森の中(木道脇)です。
背丈が15cm弱と小さい上に、枯葉の下に隠れていたのでなかなか見つけられませんでした。
(発見したのは、うちのお袋でした)

※画像クリックで大きな写真を載せている「気まぐれ写真館」に飛びます。
posted by tszk at 12:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

ハーゲンダッツ

090627_1801~0001.jpgドルチェシリーズ、パンナコッタは表面にかかったカラメルソースが香ばしくて、いい感じだった。

やっぱり暑い日はアイスが美味いよね〜

posted by tszk at 18:31| Comment(0) | 携帯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

本棚の上

090625_2220~0002.jpgいつも暑くなると、本棚の上で寝るようになるんだけど、涼しいんだろうか?
さすがに気になってはいても試すわけにはいかないな(^_^;

posted by tszk at 22:24| Comment(0) | 携帯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

駒止湿原

昨日(6/20)、父の日企画として、両親を連れて駒止湿原に行ってきました。

栃木インター〜西那須野塩原インターまで東北自動車道にのり、その後、ずーっと下道。
下道なんだけど、ほとんど信号もないのでゆっくり走っているにも関わらず、65キロををわずか1時間半ちょっと(^_^;)
うちからトータルで約2時間半の道のりです。
5時過ぎに出発して、8時には写真撮ってましたからねー

今回は前回と違って土曜日ということもあり、ある程度の混雑が予想されました。
実際に、小学生を連れた家族や大学のバス、ツアーの観光客などがゾロゾロと来たので、我々が帰る頃には大混雑・・・
もちろん、混み始めたらとっとと退散ですが(^_^;)

さてさて、駒止湿原の様子に話を戻しましょう。

昨年とほぼ同じ季節に行ったのですが、ズミやアヤメ、コバイケイソウが咲いているなど、だいたい1週間〜10日は季節が先行しているようです。
これも温暖化の影響なのかなー

次に主役のワタスゲですが・・・
ハッキリ言って少ないです!
場所によっては昨年の1/10も咲いていません。
(咲くというのが正しいのかは不明だけど)
全体でも1/3くらいでしょうか。
一番よく咲いていたのが、一番奥の昭和口側でした。
昨年一番良かった真ん中はさっぱりダメでしたねー

昨年が当たり年だったのもありますが、それと比較すると、かなり寂しい感じです。
しかし、戦場ヶ原と違って木道のすぐ近くで咲いているので、撮り易さは断然上ですね。

ということで、季節が先行していることを逆手にとって、レンゲツツジやアヤメとのコラボレーションを撮るのが良いでしょう。
(そういう写真を「気まぐれ写真館」にアップしました。良かったらどうぞ〜)

そういえば、何かとのコラボレーションではないんですが、珍しい「ギョリンソウ」も撮影できました。
後で「気まぐれ写真館」にアップしておきます。
(ちなみに、発見したのはうちのお袋。さすがです!)


また話は変わりますが・・・
けっこう家族連れが多かったことは先ほどご紹介しました。
で、たまたま話をした家族連れの方との会話をちょっとだけ。

私の感覚ですと、小学校低学年くらいだと、ワタスゲなどの湿原植物にはあまり興味を持てるような珍しいものは少ないだろうと考えていました。
でも、その家族はモウセンゴケを見るために来たそうです。
たしかにモウセンゴケなら小学生の興味を惹くには十分・・・そういえば、私も小さい頃、その辺に生えているムシトリナデシコなどを取った覚えがあります。

よく話を聞いてみると、モウセンゴケが見つからないという。
今年はワタスゲが不発だった代わりに?モウセンゴケが大量発生していて、ちょっと見回せばいくらでも見つかる状況だというのに!
見慣れないと、どれがモウセンゴケなのか見分けるのは難しいのかもしれませんね。

・・・ちなみに、その家族が去った後、周囲を見回してみたところ、その子からわずか1mほどのところで小さな株を発見(^_^;)
まぁ、そんなもんでしょう。
(ちゃんと見つけられたのだろうか?)

オマケ。
その家族ですが、隣の湿原に向かう途中の山?丘?を超える時に「ワー!ワー!」と叫んでました。
私の持っている鈴なんかより効果のある最高の熊除けですね(笑)

こんな感じで駒止湿原の写真は「気まぐれ写真館」に数日に渡ってアップしていきますね〜
posted by tszk at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

Lamy2000 4色ボールペン

いわずと知れたLamy2000 4色ボールペン L401です。
Amazonで定価の約半額という激安ぶりに思わずポチッとしてしまってから、かなりの時間が経ってしまいましたが、簡単にご紹介しましょう!

まず、このLamy2000シリーズって、名前からして2000年に発売されたモデルと思われがちですが、実は1966年発売という息の長いモデルです。
2000年までモデルチェンジしないぞ。という意気込みから付けられたそうですね。

で、どうして4色ボールペンを買ったのか?
巷には200円ちょっとで売ってるし、たくさん景品として配られてるのに・・・まぁ、そう思う方も多いでしょうね。

実は、つい最近までオマケにもらった、どっかの社名入りの3色ペンを使ってました(^_^;)
それがたまたま黒のインクが切れたことと、次に使うために保管しておいた4色ペンは使う前からインクが固まっていてダメになっていたんですねー。
やっぱりオマケや使い捨てというのは、造りが華奢なので、私の握力でペンの軸が割れてしまうことと、見た目が安っぽいことが気にはなっていたんですよ。

それにある程度の年齢になったらまともな筆記用具くらい持ってないとね・・・と、思ってもいたし。

そんな時にAmazonで半額だって気付いてしまったら買わざるを得ないでしょう!

で、このLamy2000 4色ボールペンの良いところは、まず、見た目が高そうじゃないところ(汗)
いかにも気合入ってます。というのは、ちょっと・・・
次に、4色ボールペンにも関わらず、ノックが1つだけなのでデザインがスッキリしてること。
そして、書き出しこそかすれる場合が多いけど、書いている時は滑りが良くて手が疲れないこと。
(今までは無理やりゴリゴリ書いてたので、手が疲れて大変だった)

ちなみに、インクの色は赤がちょっと暗いけど、青、緑ともに良い色でなかなか綺麗ですよ。

ちょうどこの季節だと、父の日のプレゼントなどにも良いかもね。
posted by tszk at 01:01| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

Anifa(アニファ)欲しい人いませんか?

部屋を片付けていたら、古いAnifa(アニファ)が大量に出てきました。
欲しい方いませんか?
2000年1月号〜2004年9月号まであります。
送料着払いで送りますので、欲しい方はこちらからご連絡下さいね〜
Animal Sketchのメールフォーム

と、その前に、アニファを知らない方・・・

アニファって、小動物専門の雑誌です。
シマリスやハムスター、ウサギやフェレットなど、いろいろな種類の動物たちの記事が掲載されています。
飼い方のコツなども載ってますので、これからエキゾチック系の飼育書を探してる人にもおすすめです!

ちなみに、うちはシマリスを飼っていたので、その頃の名残として残ってます(^_^;)

あ、そうそう。
6/25がうちの方の資源ゴミの日なので、24日までにご連絡くださいね!
posted by tszk at 21:04| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

千手ヶ浜のクリンソウ

先週の金曜日(6/12)に、それまで手がけていた仕事が1つ片付いたので、両親を連れて日光に行ってきました。今回の目的は2つ。
千手ヶ浜のクリンソウと戦場ヶ原のハイキングです。

ということで、久々の記事アップです。しかも長文!
だけど、空き時間にちょこちょこ書いているので、途中途中で文体が微妙ですが、そこはそこ(汗)。目をつぶって下さいね〜

朝、自宅を出たのが5:15。
栃木インターから日光まで高速に乗り、いろは坂を登って赤沼自然情報センターへ。
途中でコンビニに寄ったにも関わらず7:10着。
さすがに平日の早朝は空いてるので早いよね〜

赤沼から千手ヶ浜まではハイブリッドバス(ディーゼルと電気のハイブリッドバス)が出ている。
というか、これに乗らないと千手ヶ浜まで歩いて行かなくてはいけないのでもちろん乗って行きます(^_^;)
ゆっくり走るすし詰めバスに揺られること20分ちょっとで千手ヶ浜なので、距離的にはたいしたことありません。

ちなみに、途中、峠もあるので歩いて行くのは、正直、オススメできません。
大人300円で、国道以外ならどこでも自由に乗り降り出来るそうですが、この時期はあまりにも混んでいるため、途中で降りるなんてのもムリです!(汗)

さて。千手ヶ浜で下車すると、バス停横にトイレがあります。
ハイキングコースはトイレが設置されている場所が限られているので、有効活用しましょう。

用を足したら、そのまま中禅寺湖の方へ降りていきます。
クリンソウを撮ることが目的の人たちはカメラを担いでダッシュしてるのですが、我々はそこまで急いでいないので、ノンビリと浜を歩いたり、地面に落ちてるシカのフンや足跡を見つけたりと散策しながら養魚場の方へ・・・

爽やかな朝の空気と、きれいな森、湖など、日光の景色を楽しみながら歩いていくと、途中に何箇所か小川があります。
そこには泳いでいるヤマメの姿が見えます。
こんな透明な水、最近見ないよなーと、思いながら歩くこと10分ほどで養魚場です。

クリンソウはここに咲いてるんですね〜
(写真をクリックすると、何枚かクリンソウの写真があります)

クリンソウって、九輪草と書くようです。
名前の由来は、その形が五重塔の先端に付いている九輪に似ているからだそうです。
色は赤、白、ピンクなどが主ですが、たまーに黄色い株もあります。
今回は2株見つけました。

十分にクリンソウを満喫したら、またバス停に戻り、小田代ヶ原へ向かいます。
と、簡単に書いたけど、またしてもバスが大混雑!
乗ったが最後、「降りまーす!」と、叫ばないと出られません(^_^;)

無事に小田代ヶ原でバスを降りたらトイレタイム。
ここが3つしかないトイレの1つなので、外すわけにはいきません(汗)


いざ!小田代ヶ原から赤沼へ・・・
posted by tszk at 14:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

端と端

090601_2029~0002.jpg今日、新しいソファが届きました。
納期が3ヵ月もかかったんですが、特注色なので仕方のないところ…

まぁ、そんなことより、この2匹の距離感!
何故に端と端!?(^_^;)

posted by tszk at 20:35| Comment(2) | 携帯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。